« 神奈川県聴覚障害者協会主催「手話を広めるためにすべき事とは? 」@河原雅浩@ゴールデンエンジェル | トップページ | サイナーズ@日本手話学習型ソフト »

2016年3月21日 (月)

第44回手話技能検定試験 準2級リベンジ@帝京大学

NPO主催の検定試験だし・・・面接とかないし・・・
あんまり受験する意味ないかなぁ~と思って悩みましたが・・・

前回唯一不合格だった準2級に再トライ。

Dsc_0529

この団体の試験の特徴は、ズバリ指文字じゃないでしょうか。
わりと早くて長くて、おまけに連想しにくい、
そして読解のキーになる単語を指文字でだしてきます。

前回試験後~指文字読み取りを重点的に取り組んできたので
一定の力はついてきたように感じます。
(今回のワードは、バラクーダ、ハッシュドポテト・ウエディングプランナー・文房具)

また、前回の試験の得点は73点(80で合格)で、
点数だけみると悪くなさそう?ですが、
選択のテクニックで解いちゃっていたものが多かったんです。

しかし、今回は正解以外の肢の意味なども、ほぼほぼ理解できたように感じます。

おそらく合格しているとおもいますが・・・
結果は2か月後。また報告させていただきます。
(3級までは1か月後の発表)

~過去の投稿~
2015.12.21前回試験結果 (全国手話2,3級&手話技能検定準2)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=931537783587823&
set=pb.100001948305891.-2207520000.1458451481.&type=3&theater

(2015.10.11前回試験後の感想)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=897139367027665&set=a.273651132709828.62520
.100001948305891&type=3&theater

« 神奈川県聴覚障害者協会主催「手話を広めるためにすべき事とは? 」@河原雅浩@ゴールデンエンジェル | トップページ | サイナーズ@日本手話学習型ソフト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第44回手話技能検定試験 準2級リベンジ@帝京大学:

« 神奈川県聴覚障害者協会主催「手話を広めるためにすべき事とは? 」@河原雅浩@ゴールデンエンジェル | トップページ | サイナーズ@日本手話学習型ソフト »